肉割れと妊娠線の違いは過程によって異なるだけ

 

肉割れにしろ妊娠線にしろ赤い線ができたり、白い線ができたりと共通をしています。

 

世の中にはこの肉割れ線や妊娠線を消す為にクリームが販売されていますが、どれも公式サイトなどを見ると妊婦向けの絵が描かれています。
この2つの症状はたとえ男性でも発症をすることがあります。

 

しかし、肉割れと妊娠線は似ているので、どのクリームを使えば良いのかわからないって人もいます。

 

そのため、肉割れと妊娠線の違いについての解説をしていきます。
男性なのに妊娠線ができてしまった人や女性でも太ってないのに肉割れができたって人や痩せているのにって人はご覧ください。

 

肉割れと妊娠線の違い

 

急激な肥満や激しい運動のやりすぎなどで筋肉が付きそれが肥大化して、皮膚が引っ張られ肌の奥にある真皮のコラーゲン繊維や皮下組織が断裂しておきる肉割れ。

 

又急激なダイエットなどで脂肪が燃焼され皮膚の伸縮がついていけずに、肌の真皮が裂けて出来るのが肉割れです。
妊娠線はお腹が妊娠した事で中期から後期にかけて急激に大きくなり皮下脂肪が増えることで、皮膚の真皮が伸縮についていけずに起こります。

 

妊娠線と言うとお腹にだけ出来るものと思っている人がいますが、お腹以外にも二の腕、胸、お尻、太もも等、いろんな所に肉割れと同じ様に出来ます。

 

以上述べたように肉割れと妊娠線の違いは肥満やダイエット等で皮膚の真皮が、伸縮に絶えられずに裂けたか、妊娠した事でお腹の胎児が成長する事でお腹が大きくなりそれに耐えられずに真皮が裂けたかの違いだけです。

 

過程が違うだけで出来た原因は基本的にはどちらも真皮が避けて、赤や白い線が現れた事で同じです。

 

肉割れも妊娠線も原因は同じなのでケアの仕方も変わらない

 

肉割れと妊娠線は、出来てしまってから消すのは難しいので出来る前から予防をして、防ぐことが大切です。

 

肉割れと妊娠線は出来た過程が違うだけで、どちらも皮膚の奥の皮下組織やコラーゲン繊維が伸縮についていけずに真皮が切れたのが原因なので消す方法も同じです。

 

消す方法としては専用クリームを肌に塗ってケアをするか、エステサロンや美容外科で施術を行うかになります。

 

肉割れや妊娠線は一度切れて赤や白い線ができたら、完全に消して元の状態に戻したいと思っても不可能です。

 

でも、完全に消す事は出来なくても、こまめにケアする事で線を薄く目立たなくすることが出来ます。

 

肉割れや妊娠線は肌が乾燥すると水分量も減り肌に潤いがなくなり真皮の伸縮性が弱まるのでクリームで保湿をする事が大切です。

 

クリームを塗って肌に保湿を保つ事で、皮下細胞が潤いをもち伸縮性が柔軟になって真皮が裂ける事の予防とすでに出来てしまった肉割れ、妊娠線を薄く目立たなくすることが出来ます。

 

また、乾燥肌の人は肉割れや妊娠線が出来やすい肌質なので、特に注意をして保湿で肌に十分な潤いを持たせる事が必要です。

 

出来てしまった肉割れや妊娠線を何にもケアをしないでそのままにしていると、赤や白い線が複数本に増え他の部位にも現れ目立つようになります。

 

酷く目立つように為ってからでは遅すぎるので専用クリームで、早めのケアで薄く目立たなくしましょう。

 

まとめ

 

肉割れや妊娠線と呼び方が2種類あるので迷ってしまうのですが、両方とも全く同じ症状なのですね。
ただ、妊娠が原因となった場合は妊娠線と呼ばれることが多く、それ以外の人は肉割れと呼ばれることが多いです。

 

両方とも共通をして皮膚が伸びるスピードに耐えられる切れる症状となっており、消す為に行うケアの仕方も変わりはありません。

 

どちらの症状もだんだんと薄くはなってくるのですが、完全には治らない症状であることが知られています。
それは真皮やコラーゲン繊維のような、新しく作られない細胞が切れてしまっているからです。

 

しかし、消すケアと呼ばれるように、だんだんと目立たなくはなってきます。

 

肉割れがなぜ治らない症状なのかや消す方法について知りたいって方は下記をご覧ください。
お尻や太ももの肉割れを消す方法!自宅でクリームの簡単ケアで消す